02

メッセージ

FC_00030323_0011_edited.jpg
​渕上 健
リハビリテーション部 副部長

岸和田リハビリテーション病院(旧岸和田盈進会病院)がリハビリ病院として生まれ変わってから7年が経過しました。リハビリ病床数は157床、訪問リハビリ利用者さまは80名以上となり、南大阪においても大規模リハビリ専門病院になりました.

 

我々リハビリテーション部では、臨床・教育・研究を大切にしながら邁進し、一定の成果は得られたと思いますが、まだまだ道半ばです。我々の目指すところは名実ともに地域で最も信頼されるリハビリテーション病院であり、患者さま・地域住民のみなさまなど我々と関わる全ての方々と共にたくさんの「喜び」を作っていきたいと思います。

そのために、最新機器のような設備も必要かもしれませんが、最も重要なものは“人”であると考えます。日々の臨床が得意なスタッフ、教育が得意なスタッフ、研究が得意なスタッフ、患者さまとの関係づくりが得意なスタッフ、仲間のフォローが得意なスタッフ、たくさんの個性豊かなスタッフがそれぞれの強みを発揮でき、助け合うことができるような部署を目指します。それこそがこれからの時代で結果を出すことができる組織だと確信しているからです。

 

自己実現へのサポートもできる限りさせていただきたいと思います。働きやすい環境も整えました(以下、ワークライフバランスの取り組み参照)

まだまだ若い組織ですが、我々の“夢”に共感し、協力していただける仲間がいらっしゃれば嬉しく思います。

​ワークライフバランスの取り組みはココ